ブブカは濃密育毛剤┃朝と晩の1日2回で効く

なんとかしたい頭皮の悩み

頭を触る人

似ているようで違います

年齢が進むにつれて、頭の薄毛に悩む方も多いことでしょう。最近では、髪の毛を増やす方法も色々ありますが、発毛や植毛もそのうちの1つですね。ですが、発毛と植毛は字は似ているようですが、増毛する方法が違ってきます。発毛とは、もう機能しなくなってしまった毛穴から、髪の毛を生やすことです。薄毛になってしまった原因は、だいたい頭皮の環境が悪いからなのですが、まずはそれを改善することから始めます。一方植毛とは、元からある自分の髪の毛や人工的なものを使って、薄くなった部分に毛を植える方法なのです。こうしてみると、かなりの違いがあるのが分かっていただけると思います。どちらもメリットとデメリットがあり、人それぞれ合う方法も違ってきます。

地毛がおすすめ

ここで、植毛にスポットを当てて、詳しく解説していきましょう。植毛の中でも、人工毛植毛と地毛植毛とがあります。人工毛植毛は、人工の毛を頭皮に植え付けます。ですが、様々なデメリットが多いため、最近ではあまり実施していません。最近では、地毛植毛が主流のようですね。地毛植毛とは、自分の元からある毛を、頭皮の薄い部分に植え付ける方法です。自分の毛を植えるので、人工のものより拒絶反応がなく、見た目もかなり自然です。ですが、そうして植えた髪の毛は、一度抜け落ちて、また再度生えそろうのに半年くらいはかかります。3ヶ月ほどできちんと生えてきますので、心配はいりません。驚いたことに、生えそろった髪の毛は、周りの移植していない髪の毛と同様に、白髪になったりするのです。